便秘に効く食料品は、

便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品等です。大変な便秘の方は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態になってしまいがちです。

とにかくこの状態をなくして、軟らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。腸内の環境を整えておくとヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、味噌や納豆なども乳酸菌を含む「乳」というその名の通り、乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。

ちょっと恥ずかしい気持ちです。夜中に高熱になって、40℃ほどまで上がって体調が悪かったので、翌日通院しました。

先生はインフルエンザの検査が可能ですよと教えてくれました。

万が一、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと考えました。

私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、やっぱりビオフェルミンなのです。小さい頃から存在していたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつだって私のお腹を守ってくれていました。

CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンとなります。最近、乳酸菌がアトピーをよくすることが見つかってきました。アトピーの起因となるものは様々ですが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって原因となることもあります。アトピー患者の大部分は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを完治する手段となります。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは共通していますが、ビフィズスは、さらに、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作り出す力があるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いと言われているのでしょう。

最近では、様々な感染症の話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。アトピーの角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも少量になっていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が下がっています。

これを補足して健康に近づけるには、保湿が最も大事です。

そのために、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を使用しなければならないのです。

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効くといわれています。

1年程度前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというプログラムがありました。

娘がちょうど受験の時期だったので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。